アフターピルを豊富な種類から選べる個人輸入代行サイト

処方される薬

sad

双極性障害の治療では薬が処方されます。処方される薬というのは症状によっても異なりますが、主に気分安定剤と否定形抗精神病薬が処方されます。
気分安定剤というのは名前の通り、気分の波を落ち着かせる効果があります。双極性障害のような突発的な行動をしてしまうおそれがある場合に処方されます。主にうつ病に処方されることが多い気分安定剤ですが、てんかんや統合失調症などでも処方されることもあります。
否定形抗精神病薬というのは、気分安定剤と併用して処方されることが一般的で、意欲や幸福感に関係している脳内ホルモンの分泌量を調節する効果があります。否定形抗精神病薬は副作用も少ない薬ということで処方されることが多いです。

双極性障害では主に上記の薬が処方されますが、不眠症も併発することが多いので同時に睡眠薬が処方されるケースが大半です。
これらの薬というのは海外にはジェネリック医薬品が多数出回っています。病院では処方されませんが、個人輸入代行サイトであれば購入することが可能なので、医師に相談してからこうした医薬品を購入しても良いでしょう。

また、薬物療法というのは非常に高い治療効果を持っていますが、症状が良くなったからといって自己判断で薬の服用を中止しないようにしましょう。うつ病や双極性障害などの症状というのは一時的に改善が見られるケースが多いです。しかし、自己判断で服用を中止してしまうと再発のリスクが高くなる恐れがあります。